出口なし

「出口なし」

作 ジャン=ポール・サルトル
出演 大竹しのぶ 多部未華子 段田安則


a0379818_19432567.jpeg


サルトルって…フランスの哲学者…
何とか主義とか…昔習ったような…ないような…

そんな低レベルな私がこれを観たいと思ったのは
大竹しのぶさん、多部未華子ちゃんが出演されるから

大竹しのぶさんは期待どおり、ベテランの風格のある圧倒的な演技
多部未華子ちゃんはその透明感が大好きだったのですが、美しさはそのままに大人の俳優として堂々と演じていました

80分間登場人物はこの三人だけ
セットはドアとソファーが三脚のみ
三人の会話だけでストーリーが進んでゆく

それぞれの人物像や、今の三人の心の変化や関係、そしてこの舞台のテーマを会話だけて浮かびあがらせることは難しいことだったはず
それを見事に観客を引き込んで演じ切っていらっしゃいました

役者って、すごいですね



私は閉所恐怖症なので、出口のない空間に永遠にいろと言われればそれはそれは本当に地獄です

[PR]
by nicopon8 | 2018-09-29 20:57 | コンサート 観劇 | Comments(0)