観劇

舞台1984を観てまいりました

原作は70年前のイギリスのジョージ・オーウェルの小説です

チケットを取ってから、
図書館で本を借りて読みました
難しい話で何となくしか読めなかったのですが…

全ての行動を監視され、情報は過去も含めて改ざんされ、思考を管理される、そして背いた者はいつかいなくなるー
読み進めるうちに、そんな恐ろしい社会が小説ではなくて現実に今起こっていることなのかもしれない、と恐怖を感じずにはいられませんでした
そして、「二重思考」
本当はそう思っていなくても、他人に合わせたり
間違っていると分かっていても、求められている答えを出したり…
強要されなくても、普通に二重思考してること…ありますよね
いろいろ考えさせられる怖い小説でした

こんな難しい小説をどのように舞台にするのか…
期待と不安がありましたが、
井上芳雄さん、神農直隆さんが素晴らしくてとてもよい舞台でした


それに本日はとってもラッキーデー
舞台が終わってから俳優の方々のアフタートークがありました
俳優さんのトークも楽しめましたが
司会の方の天然ぶりに、ちょっと笑えてしまって、
いろんな意味で面白かったです


a0379818_17291927.jpeg


[PR]
by nicopon8 | 2018-05-17 17:08 | コンサート 観劇 | Comments(0)